夏の便秘にへそヒーリング

ムシムシと暑くなる梅雨の時期は、体の不調を感じる人が増えます。不調の代表的な例の一つが、ほかでもない「便秘」です。

 

ムシ暑くなると汗がたくさん出て、体内の水分が放出されます。すると、便を軟らかくするための水分が不足気味になり、便をスムーズに排泄しづらくなります。

 

さらに、エアコンの効いた部屋に長くいることで、体温をコントロールする機能を担う「自律神経」が乱れがちに。自律神経と関係が深い腸の働きが鈍くなりやすくなります。

 

こうした「夏の便秘」によって大きなダメージを受けるのが、腸内フローラです。便秘によって腸内に毒素が増えることで、悪玉菌が勢力を拡大。さまざまな体調トラブルを引き起こしやすくなります。

 

腸内環境を改善するには、自律神経のバランスを回復し、腸をリラックスさせるのが近道。へそヒーリングは、へそとへそ周りを軽く刺激することで、腸の本来のリズムを回復していきます。さらに、エアコンで冷えた下半身や下腹部をポカポカと温め、内臓機能を内側から活性化していきます。

 

ランキングに参加中。お気に召しましたらクリックをお願いします。

にほんブログ村 健康ブログへ にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ