キレイな腸内関係はおへそから!

赤ちゃんの便はあまり臭くありませんが、その理由は、体内の老廃物を臭くさせないような細菌が腸の中にたくさんいるからだとか。

 

実は、赤ちゃんの腸内細菌はビフィズス菌が95%以上占めているといいます。ビフィズス菌の働きはいろいろありますが、その一つが、体外から侵入する病原菌の感染を防御し、腸内環境を整えてくれるということ。

 

赤ちゃんのお腹の中では、大量のビフィズス菌が乳酸と酢酸を作って腸内を強い酸性にし、大腸菌など腐敗を起こす菌類を住めなくしているのだそうです。

 

離乳期になると、大人型のビフィズス菌に入れ替わり、大腸菌も増えて便が臭くなってきます。でも、年齢に関係なく、腸内環境を整えれば、腐食の少ないキレイな腸へと近づけることは可能だといいます。それを実現するためのヒントは、「おへそ」にあります。

 

へそは、お母さんからの酸素や栄養をもらった大切な部分。リンパ節、神経が集まっているので、へそヒーリングでおへその周りをほぐすとすぐに全身に作用します。また、お腹をダイレクトに刺激することで腸の血行を促し、腸内環境が整いやすい環境を作っていきます。

 

ランキングに参加中。お気に召しましたらクリックをお願いします。

にほんブログ村 健康ブログへ にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ