受験生にへそヒーリング、脳の処理速度がアップ、ストレスは減少

韓国脳科学研究院、へそヒーリング5分で学習に適した脳内環境を作り出す

#1 キムジュヒョンさん(18)は先日、センター試験模試で2時間目を最後まで受けられず、保健室に行きました。突然の頭痛と腹痛にじっと座っていることもできなかったのです。キムさんはセンター試験本番でも同じことが起こるのではないかと心配しています。

#2 イ・ジンチョルさん(32)は、国家公務員2種に向けて勉強しています。問題はすべて分かるのに、試験会場でテスト用紙をもらうと頭が真っ白になります。いくら頑張って勉強しても実戦で実力を発揮できず、自信がなくなっています。

2人の共通点は、テストによるストレスです。試験や面接などが迫ってくると息苦しさや不安を感じ、心拍数が増加したりします。記憶力が低下したり、消化や呼吸に問題が生じることもあり、学習能力が低下します。結局、本番で実力を発揮できない状態になるのです。

1

▲ヒーリングライフでへそヒーリングをする参加者。研究参加者はへそヒーリングを2週間体験した後、韓国脳科学研究院でスマートブレインを着用してへそヒーリング前後の脳波を測定した

 

受験生にうれしい研究結果がでました。へそを刺激するだけで脳の処理速度が上がり、ストレスが減少することが脳波研究によって明らかになりました。

韓国脳科学研究院(院長 李承憲)は9月5日、「へそヒーリングがストレス管理能力及び脳波の変化に及ぼす影響」に対する研究結果を発表しました。この研究は、8月の1カ月間で16~19歳の受験生19名を対象に行われました。

へそヒーリングは、へそを中心に腸をほぐすセルフケア健康法です。へそヒーリングをすると、血液循環が良くなり、体温が上がり、免疫力が高まります。また、消化力も向上し、便秘解消にも効果的だといいます。韓国脳科学研究院の一指李承憲院長が開発したへそヒーリングは、韓国はもちろん、日本をはじめとした海外でも話題の健康法として人気急上昇中です。

研究参加者は、2週間ヒーリングライフ(へそヒーリング専用ツール)を用いて、へそやその周りを時計回りに1日平均2回(1回5分)押しました。その後、ストレス管理能力を測定するストループ課題(stroop task)の反応時間と脳波の変化を測定しました。

記事全文はこちら↓

元記事 グッドブレインニュース
http://wp.me/p6PL8Z-nf