へそヒーリングの注意事項

①食後は避けて下さい。

②へそヒーリングツールは基本的に自分でヒーリングするツールです。他の人に行う時は自分の体でよく慣れてから慎重に行ってください。

③お子さん、妊娠中の方、高齢の方、虚弱体質の方、腸の弱い方、血管の細い方、開腹手術またはお腹に傷がある方は使用しないでください。

④高血圧、心臓病、腹部大動脈硬化症の方は、強く押さないでください。

⑤押して痛みがあるところは注意が必要です。強く押したり、長く押したからといって痛みが消えるのではありません。痛い部分の周りを少しずつほぐしながら、だんだん痛い部分に近づいていきます。また、軽く押したまま軽く揺らしてほぐします。

⑥素肌に直接へそヒーリングツールを当てて使用しないでください。皮膚が弱いと赤くなることもありますので服の上から使用します。腹部にあまり脂肪がない方や皮膚が薄い方は服の上にタオルをかけて行います。

⑦へそヒーリングツールはヒーリングを目的として開発されたものです。ヒーリング以外の目的(弱いところを突く、いたずらなど)には使わないでください。また商品に無理に力を加えたり、長時間使うと折れたり曲がる場合があります。火気に近づけると変形する恐れがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です