下腹ダイエットに肝心な「腹横筋」

夏に向けて、「下腹のダイエット」に取り組もうという方々に、ぜひ意識していただきたいことがあります。それは、「腹横筋」(ふくおうきん)の存在です。

 

私たちの下腹は、何層もの筋肉によって覆われています。真ん中を縦に貫いているのが腹直筋(ふくちょくきん)。脇腹を斜めに走る腹斜筋(ふくしゃきん)。そして、奥深くにあるのが、腹横筋です。

 

腹横筋は、お腹をコルセットのようにつつみ込んでおり、内臓などを支えています。このため、腹横筋がゆるむと、下腹やウエストがたるんでしまいます。腹横筋を強化すれば、お腹まわりを支える力が強くなり、下腹を引き締めることができるのです。

 

腹横筋は、呼吸で鍛えることができます。腹横筋は呼吸と深い関係があり、私たちが息を吸うとき、腹横筋がゆるんで胸郭が広がるのを助けてくれます。一方、息を吐くときは腹横筋が収縮して胸郭が戻るのを助けてくれます。

 

このため、腹横筋を意識しながら深くゆっくりと呼吸を行うことで、腹横筋が刺激され、活性化していきます。腹横筋の働きが良くなると、下腹の血流がスムーズになるとともに、内臓の機能も活発になり、お腹まわりの脂肪が燃えやすくなります。

 

また、腹横筋は骨盤の動きとも連動しており、腹横筋が強くなれば、骨盤のバランスも整えられます。姿勢が良くなり、シャキッとしたボディラインを形成することができます。

 

夏に向けて、へそヒーリングとともに、腹横筋を意識した呼吸にトライしてみてください!

 

ランキングに参加中。お気に召しましたらクリックをお願いします。

にほんブログ村 健康ブログへ にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ