長寿時代こそ、親子でへそヒーリング

戦中、そして戦後間もないころは「人生50年」などと言われ、寿命は50歳、60歳ぐらいと考えられていました。ところが、今は人生80年の時代となっています。

 

人生50年のころ、子どもが5、6人いた人はざらでした。10人以上なんていう家庭もまれではありませんでした。

 

一番下の子がまだ小学生ぐらいの時に、親が亡くなってしまうこと、そんなに珍しいことではなかったのです。

 

そんな時代に子育てをしていた親は、できるだけ早く自立させよう、自分が死んでしまっても、子どもが一人で、あるいは、きょうだい手を取り合って生活していけるように、ということを第一に考えていたといいます。

 

だから、おかあさんが子どもを叱ることばで非常に多く言われたことは、「そんなことで、おかあさんがいなくなったあと、どうするの」というものでした。

 

自分が産んだ子みんなが成人するのを、見届けることができるとは思っていなかったということでしょう。

 

ところが今、大多数の家庭で子供は2人以下です。

 

30歳で生んだ子供が成人すると、親は50歳、まだ30年もの人生が残されています。今の50歳はまだまだ元気いっぱいですし、時間的なゆとりもあります。

 

だから、最近は、親子で一緒にスポーツやヨガを楽しんだり、旅行に出かけたりするという人が増えているようですね。

 

人生80年時代のそんな親子関係をもっとエンジョイするために、ぜひ親子でへそヒーリングをやってみませんか?

 

おへそは、「へその緒」に象徴されるように、親と子という二つの世代をつなぐシンボルです。

 

是非一度、お試しください!

ランキングに参加中。お気に召しましたらクリックをお願いします。

にほんブログ村 健康ブログへ にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ