快眠・熟睡のコツ

寝つきが悪い、夜中に何度も目を覚ます、朝の目覚めが早すぎる--。

ある調査では、成人の5人に1人が睡眠の悩みを訴えています。

 

良い睡眠をとるために意識したいのは、「光」です。眠りは日照と密接な関係があり、

人間は日照時間の変化で季節を感じ、体調を整えています。

一般に、冬の睡眠時間は夏に比べて30分ほど長くなると言われていますが、

寝坊して光を浴びる時間が短くなると、体は一年中「冬型」になり、

長時間の睡眠を必要としてしまうのだそうです。

早起きして光を浴びることで体内時計をリセットし、

昼間十分に活動することがいわゆる「質のよい眠り」につながるといいます。

 

夜中に何度も目が覚めたり、熟睡感がなければ、翌朝は思いきって

早起きして睡眠時間を短くしてみる、というのが一つの手です。

また、休日も起床時間を遅くしないことも、良い睡眠の確保につながるようです。

「30分たっても眠れなければ、いったん床から離れる」ことをすすめる専門家もいます。

眠りの妨げになるのが「冷え」です。

人間は夜になると手足から熱を逃がし、体のしんの温度を下げることで

眠りの準備に入るとされます。

しかし、手足の冷えは、この放熱ができていない証拠だそうです。

 

寒い日の快眠のコツは、寝る直前にぬるめの風呂にゆっくりつかって温まること。

そして、お風呂上がりのへそヒーリングもオススメです。

また、パジャマは首元がある程度詰まったデザインを選ぶのがコツ。

上着はズボンの中に入れたほうがお腹(なか)が冷えないようです。

 

ランキングに参加中。お気に召しましたらクリックをお願いします。

にほんブログ村 健康ブログへ にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ