熟睡のために夜のへそヒーリング

3

食生活は健康を支える基本です。規則正しく、バランスのとれた食事をとることで、健康を保つことができます。

 

ところが、仕事で忙しい人ほど、食生活が不摂生になりがちです。朝食をとる時間もなく慌ただしく出勤したり、夜も残業で外食になったり、忙しさからくるストレスで過食に走ったりすることが多くなります。

 

食事を抜けばエネルギー源が不足して、疲れやすくなるのは当然です。過食や時間が不規則な食事は、胃腸を疲れさせる原因になります。また、外食ばかりしていると、疲労回復のために必要な栄養素がバランスよく摂れません。

 

このように食生活が乱れていると、体への負担が大きくなり、疲れやすくなるのです。

 

もう一つ、食生活で注意したいのが、寝酒です。寝酒は眠りを短くし、疲労を増幅させます。アルコールには、睡眠時間を短くする作用があるからです。

 

「よく眠れる」からと酒を睡眠薬代わりに飲む人が多いようですが、じつは酒を飲んで寝ると、寝つきはよくなるものの、目が覚める時間が早くなるとされます。眠りを深くしようと酒の量を増やせば、睡眠時間はさらに短くなります。

 

こんな習慣を続けていると、ぐっすり寝て疲れをとることができなくなり、どんどん疲労が累積していってしまいます。

 

へそヒーリングは、夜ぐっすり眠るための健康法としてたいへんオススメです。お腹をぽかぽかに温めて、自律神経のバランスを回復させることで、安眠しやすい状態へと導きます。実践した人からは「へそヒーリングをすると熟睡できて、短い睡眠でも、翌日の朝からだの疲れが取れて、気持ち良く目覚めることができる」といった感想をいただいております。