へそヒーリングで体の「感覚」を取り戻す

kankaku

かつて、人間は毎日、食べ物を求めて山野を走り回っていました。木の実や鳥獣をとり、海や川へ出かけて魚介類をとって暮らしていました。毎日動きまわらなければ、生きることができなかったのです。

ところが、文明の発展とともに、体を駆使して狩猟をする必要はなくなりました。何事も機械化や自動化が進み、家電製品が普及して、生活は大変楽になりました。交通機関の発達も目ざましく、歩いたり、走ったりする機会も減りました。

人類の文明は、人間ができるだけ動かなくて済むような方向で進歩してきたといえます。

ところが、このような現代文明によって弊害が生まれました。運動不足です。運動不足によって、肥満症、高血圧症、動脈硬化性疾患、骨粗しょう症、腰痛といった病気が蔓延しています。

最近は、仕事といえばデスクワーク、娯楽や意思疎通はスマホ頼みで、ますます体を動かさなくなっています。

そんな現代人が、簡単に体を目覚めさせる方法として開発されたのが、「へそヒーリング」です。

へそヒーリングは、生命の根源である「へそ」を刺激することで、忘れかけていた体への意識を目覚めさせていきます。へそを通して、自分を知り、そして、母なる地球を感じていきます。