一緒にするへそヒーリング

へそヒーリングは一人でだけでなく、二人一緒にすることもできます。他の人がしてくれる時は、自分の体にもっと焦点を当てることができ、快適に緩むことができる良い利点があります。

へそヒーリングを初めてする人や場の多く固い人にへそヒーリングをするときは、あらかじめ緊張を解放することをお勧め。緊張した状態で腹を押すと、腹部の痛みをより多く感じるようになりますので、横になった状態で、お腹を軽くゆすったり、両つま先をつかんで軽く振らすと、心と体をリラックスするのに役立ちます。

ヒーリングする人
1.ヒーリングを受ける人の横に座わります。
2.両手を重ね指先でおへその周りを押します。
3.指先でおなかの内側の脈拍を感じるまで押して、ヒーリングを受ける人が
痛みを訴えていない場合、軽くリズミカルにおへそを押します。
4.ヒーリング受ける人がおへそを押すと痛い場合は手のひらで腹と腹の周りを
まず、優しくヒーリングした後に再度行います。

5.おへその内側の脈拍を感じ、そのリズムに沿ってリズミカルにするように指先で腹を押す。
6.一度に回数にして100〜300回、時間は1分〜3分行う目安です。
一度に長い時間行うより短い時間で1日に複数回行うほうが効果的です。
7.へそヒーリングを終わると、ヒーリングする人、ヒーリングを受ける人と一緒に呼吸をあわせて、静かに目を閉じて呼吸する。
8.明るく温かいヒーリングエネルギーが二人を浄化し、癒しを感じる。

ヒーリングを受ける人
1.床に向かって楽に横になる。
2.目を閉じて体に力を抜く。
3.ヒーリングする人の手が腹に触れたときにへその緒が接続されていることを想像して
ヒーリングエネルギーを受け入れる。
4.おへそを押したときに口または鼻から息を吐き出します。吐く息に集中するとより早くリラックスできます。
5.へそヒーリングを受けている時は、意識を完全におへそに集中します。
6.へそヒーリングが終わったら頭から指先つま先まで全身の感覚に集中する。
7.温かくなったへそがスムーズに動くことを感じ、快適に呼吸する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です